風俗嬢の手技の極意

繰り返しって分かったからこそ

風俗は周期がありますね。急激に楽しみたいって思う時期もあれば、結構落ち着いている時期もあるんです。それがどちらからともなく、流れるものなんですよね。だから風俗に対して物凄く前のめりというか、ガンガン楽しもうって時もあれば、案外落ち着いている時期もあるんです。どちらになるのかは自分でもよく分からないんですよ。これも結局は性欲を満たすためのものなので、コントロール出来るような物ではないのかなって(笑)むしろコントロール出来るくらいのものであれば、自分でもここまで風俗に対しての思いが大きくなっていることはないんじゃないかなって思いますしね。だから風俗を楽しむ時には、周期を理解することも大切だなって。あまり乗り気じゃない時に無理に頑張る必要はないんです。そのうち勝手にモチベーションも高まっていくのは目に見えていますので、それなら風俗へのモチベーションが高くなるタイミングを待っていた方が良いのかなって。

縛られると違うものですね

縛りプレイをしたんです。自分がお店の設備に拘束される形でのプレイ。こんなプレイはさすがに風俗以外では楽しめないのでかなり楽しみにしていたんですよね。実際に拘束されると、まず動けないって気持ちよりも精神的な興奮が高まりました。ゾクゾクするというか、風俗云々じゃなく、男としてこれから凄いことが起きるなっていう期待感ですよね。そして相手も良かったです。相手のEさんは攻めるのに慣れているんでしょうね。だから焦ることなく、時間の使い方をよく分かっていました。こちらが動けないことを分かっているので、触れるか触れないかのラインを上手く攻めてくるんですよ。それが絶妙だったので、またこれっぽっちも触られていないにも関わらず、自分の体の反応が物凄いことになっていたのだけは覚えているんですよね。その後いろいろな形で頼みましたけど、すべて彼女のおかげです。あの快感、忘れられないんじゃないかなって思っているくらいです(笑)