風俗嬢の手技の極意

だからこそ風俗という思いはある

風俗は気楽なんです。精神的なプレッシャーも何もなく、自分の好きなように楽しめるとあっていつも風俗で遊ばせてもらっているんですけど、その中でも自分が好きなジャンルがあるんですよ。それは性感マッサージなんです。正直、性感マッサージは利用するまでは自分でもよく分かっていなかったんですよね。でも遊んでみて、これは素晴らしいってことに気付かされたんですよ。それでいつものように自分でも「もっと遊びたいな」って気持ちにさせられたんですよね。これはもう遊ぶしかないだろう、みたいな(笑)ハマるととことんハマるタイプの自分にとっては性感マッサージのはかいりょくはすさまじいものがあったんですよ。これは是非とも遊びたい。そんな気持ちが特に強かったのもあって、性感マッサージを楽しんでみたんですけど、実際に本当にハマったので自分では何も言うことはないというか、むしろハマるだろうなって言う確信のようなものもあったんですよね(笑)

時代の流れなんでしょうね

これだけ風俗の世界でデリヘル一強になるとは思っていませんでした。当初は派遣型風俗ってことで、本流よりも支流的な存在かなって思っていたんですよ。あくまでもメインはそれまで同様店舗。デリヘルはマニアックな部類に入るものだろうって思っていたんですけど、実際にはそんなことはなかったんですよね。そこに自分でも驚いているんです。そして、自分の見る目のなさにも驚いています(苦笑)もしもデリヘルを初めて見た時に「これは来るな」と思えるようなタイプであれば、きっと自分の先見性は正しいと思いますけど、その時は全然ピンと来なかったんですよね(苦笑)その割には自分もデリヘルでかなり楽しませてもらっているので、自分でも呆れてしまいますけど、でも遊べば遊ぶほどに、なんでデリヘルの人気がここまで高いものになっているのかに気付かされるんですよね。自分の都合を最優先にして楽しむことが出来るんです。人気が出るのも当たり前かなって。